古臭いとも言える体についての考え方

体重過多に陥っている肥満はあくまで摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが原因ですが、ボリュームの変わらない食事だったとしても、かきこむように食べ終わる早食いをすることにより体重過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなるようです。

チェルノブイリ原発の事故に関する長期間に及ぶ後追い調査の結果をみると、成人と比較して体の小さい子供のほうが拡散した放射能の悪影響を受けやすくなっていることを痛感します。

ダイエットしたいがためにカロリー摂取を抑制する、食べる量を落とす、といった食生活を続けると結果的に栄養までもを不足させ、深刻な慢性の冷え性を齎していることは、多くの医療関係者が危惧されていることです。

いんきんたむしとは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)と呼び、白癬菌というカビが陰嚢(いんのう)や股部、臀部などの場所に感染し、寄生する病気の事で水虫のことなのです。

アミノ酸の一つであるグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を悪化させたり突然変異をもたらすような悪質な物質を身体の中で解毒し、肝臓の力を促す性能が確認されているのです。

内臓に脂肪が多く付いた肥満が確認された上で、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、高血糖の中で2個以上に合致するような状態のことを、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と名付けました。

鍼灸針を患部に刺してもらう、という物的な無数の刺激が、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスという呼称の要するに電気信号伝達を誘発するのではないかと言われています。

アメリカやヨーロッパにおいては、新しく開発された薬の特許が満了してから1ヶ月後、製薬市場の約80%がジェネリックに変更されるという薬もあるというくらい、後発医薬品は先進国で採用されているのです。

吐血と喀血、両方とも血を吐くことですが、喀血というのは喉から肺を繋いでいる気道(呼吸器の一つ)から血が出る症状で、吐血は無腸間膜小腸より上部にある消化管から出血する症状を指します。

メタボであるとは診断されていなかったとしても、内臓の脂肪が溜まりやすいような悪い体重過多を抱える事で、複数の生活習慣病を発症する可能性が高まります。

薬、アルコール、合成乳化剤を始めとした食品への添加物などを特殊な酵素で分解し、無毒化する機能の事を解毒と呼んでおり、肝臓の大事な役目の一つであることは間違いありません。

UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いという特徴があり、大気中に存在するオゾン層を通る際にその一部分が吸収されるものの、地表まで届いたUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞の遺伝情報を壊すなど、皮膚に悪い影響を与えます。

ジェネリックという医薬品は新薬の特許が失効してしまった後に市場に出回る、新薬と同じ成分で経済的負担を少なく抑えられる(クスリの金額の廉価な)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。

基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が何もせずにじっとしていても燃焼するエネルギー量のことであり、5割以上を様々な筋肉・一番大きな内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳で消費すると言われているようです。

四六時中肘をついた横向きの状態のままでテレビを見つめていたり、デスクの上で頬杖をついたり、踵の高い靴を毎日のように履いたりということは身体の左右の均衡を乱れさせてしまう素因になります。

メタボリック症候群であるとは診断されていなかったとしても、内臓の脂肪が多く付いてしまう型の悪い体重過多を抱える事に縁って、辛い生活習慣病を招きやすくなります。

演奏会やライブなどの開催される会場やダンス広場などに設置されているものすごく大きなスピーカーの真正面で大音量を聞いて耳が遠くなることを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と呼ぶのです。

「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人の体の中の脂肪の占めている歩合のことを指し、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight、kg)×100」という数式によって算出することができます。

もしも検査で危惧していた通りエストロゲンなどの分泌量が基準値よりも少なくてPOFだと分かった場合は、その女性ホルモンを補充してあげる治療で治せます。

胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、食事内容の欧米化や煙草・アルコールを毎晩飲む事・体重過多等のライフスタイルの質の低下、ストレスなどに縁り、殊更日本人に増加しているという疾患なのです。

日常的にゴロンと横向きのままでテレビ画面を見ていたり、ほっぺたに頬杖をついたり、踵の高い靴などを毎日のように履いたりという習慣的なことは肉体のバランスを崩してしまう要因になります。

ダイエットしたいがために1日の総カロリーを抑制する、十分食事を食べない、こうした生活のスタイルが必要な栄養までもを不足させ、慢性的な酷い冷え性を齎すことは、色んな媒体で言われていることなのです。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは就寝中ではなく覚醒状態で生命活動を維持していく(鼓動、口からの呼吸、腎臓の動き、体温や筋肉の緊張の保持など)のに必要となる最低限のエネルギー消費量のことを指します。

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンにかわり、平成24年9月より厚労省が接種を推奨する定期接種として導入されるため、集団接種ではなく病院などで個別接種という形

心筋梗塞というのは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化によって血管の中の空間が狭くなってしまい、血流が停止し、酸素や大切な栄養が心筋まで配達されず、筋肉細胞が壊滅状態になってしまう深刻な病気です。

高齢の方や慢性疾患を患っている人などは、極めて肺炎を発病しやすく治るのが遅いという傾向にあるので、常日頃から予防する意識や早めの手当が重要なのです。

日々の折り目正しい暮らしの継続、暴飲暴食を控えること、続けられるスポーツ等、古臭いとも言える体についての考え方が皮膚の老化防止にも活用されるのです。

ともすると「ストレス」というものは、「溜めないようにすべき」「取り去らなければいけない」ものとされていますが、実を言えば、私たちヒトは様々な種類のストレスを体験するからこそ、活動していくことに耐えられるようになっています。

30~39才までの間に更年期になったとすれば、医学的な用語で表現すると「早期閉経(premature menopause)」という病を指します(我が国の場合は40歳未満の比較的若い女性が閉経してしまうケースを「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と定義付けています)。

緊張性頭痛とは肩凝り、首の凝り、張りから来る肩凝り頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような強い痛み」「頭が重いような鈍い頭痛」と言い表されています。

おすすめサイト⇒ベジセーフの危険性

関連記事