分泌液などのあらゆる体液

アルコールを無毒化するという特徴のあるナイアシンは、苦しい二日酔いに効果的です。ゆううつな二日酔いの誘引物質と考えられているエタナール(アセトアルデヒド)という化学物質の無毒化に作用しています。

チェルノブイリ原発の爆発事故の長期間に及ぶ追跡調査の結果からは、体の大きな大人よりも体の小さな未成年のほうが拡散した放射能の悪い影響を受けやすくなっていることが見て取れます。

BMIを求める式はどこの国でも共通ですが、値の評価基準は国ごとに違っていて、一般社団法人日本肥満学会ではBMI値22を標準、BMI25以上の場合は肥満、BMI18.5未満は低体重としているのです。

「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人の体内の脂肪の占めている歩合のことを指し、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪の量(キロ)÷体重(body weight、kg)×100」という数式によって算出することができます。

肥満の状態は当然摂取する食物の内容や運動不足などが誘因ですが、内容量は変わらないごはんであったとしても、急いで食べ終わる早食いをしていれば脂肪過多に陥っている肥満を招く可能性があります。

ポリフェノール最大の長所は水溶性であるビタミンCやトコフェロール(ビタミンE)違い、細胞と細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化を遅れさせる作用があるのです。

基礎代謝量は目覚めている覚醒状態で生命を保っていく(鼓動、呼吸、腎臓の動き、体温や筋肉の緊張の維持等)ために必ず要る理論上のミニマムなエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。

内臓に脂肪が多く付いた肥満があった上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂取などによる「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2個以上該当するような状態を、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と呼んでいるのです。

物を食べるという行動は、次に食べようと思った物をなんとなく口に入れたら何度か咀嚼して嚥下して終わりだが、それから体は本当に健気に動き異物を身体に取り入れるように励んでいるのだ。

日光を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが体に吸収されるのを促すという事で知られており、血液中のCa濃度をコントロールして筋繊維の動きを適切に操ったり、骨を生成してくれます。

栄養バランスの優れた食生活や適度な運動は言わずもがな、体の健康やビューティーアップのために、食事とは別に様々な種類のサプリメントを飲む事が一般的なものになったようです。

現在の病院の手術室には、御手洗や器械室(apparatus room )、準備室を設け、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を設置するか、そうでなければ側にレントゲン撮影のための専門室を付属させるのが常識である。

自分では骨折したかどうか不明な場合は、怪我をしてしまった部分にある骨を優しく指で圧してみてください。もしそこに強烈な痛みを感じたら骨が折れているかもしれません。

塩分と脂肪の摂取過多を中止して無理しない程度の運動を心がけるだけでなく、ストレスの多すぎないような暮らしを続けることが狭心症の主因となる動脈硬化を予め予防するポイントだといえます。

前触れもなく発症する急性腸炎は、普通は腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しの症状がみられる程度ですが、細菌感染による急性腸炎の場合は凄まじい腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・下痢と一緒に38度以上の高熱も出るのが相違点だといえます。

肥満(obesity)は大前提として摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足などが要因ですが、内容量は変わらない食事であっても、短時間で食べ終わる「早食い」を続ければ体重過多に陥っている肥満を招きやすくなると言われています。

今時の病院のオペ室には、手洗い場や専用の器械室、準備室を備えさせ、オペ中に撮影するためのX線装置を設置するか、そうでなければ側にレントゲン撮影用の専門室を付属させるのが常識となっている。

万が一検査で危惧していた通りエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が足りなくて早期閉経(premature menopause)と判明した場合、少ない女性ホルモンを補充するような治療等で治すことができます。

最も大きな臓器である肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが溜まった状態の脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、肝硬変や脳梗塞に始まる色んな健康障害をもたらすかもしれないのです。

強い痛みを伴うヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間で緩衝材のような役目を持っている椎間板(ついかんばん)という名称の柔らかい円形の組織がはみ出た症状の事を指しているのです。

めまいが診られず、長時間続く耳鳴りと難聴の2つの症状を数回発症するパターンのことを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエール氏病」という病名で呼ぶ場合があるとのことです。

体脂肪量(somatic fat volume)に変化が見られず、体重が飲み食いや排尿などにより短時間で増減するような時には、体重が増えれば体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少した方は体脂肪率が高くなるのです。

季節病ともいわれる花粉症とは、森のスギや檜などの飛散するタイプの花粉が元凶となり、くしゃみ・頭重感・喉の痛み・鼻水などの不快でゆううつなアレルギー症状を示す病気だといえます。

むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えて喫煙する事・アルコール類・肥満等のライフスタイルの変化、ストレス等に縁って、現在日本人に増加している疾患です。

スギの木の花粉が飛散する期間に、まだ小さなお子さんが平熱なのにクシャミや水のような鼻みずが止まらないような症状に当てはまったら、もしかしたら『スギ花粉症』の可能性があるでしょう。

ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が無効になってしまった後に購入できる、まったく同一の成分で経済的な負荷の小さい(金額の高くない)後発医薬品そのものです。

耳鳴りは分類することができて、本人だけに聞こえるのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音などのように本人に加えて他の人にも性能の良いマイクロホンを利用したりすると響いてくるという「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を有している血液、精液を始め、唾液、母乳、腟分泌液などのあらゆる体液が、乳飲み子等の粘膜部分や傷口等に接触することにより、感染する可能性があるのです。

ハーバード・メディカルスクール(HMS)の調査結果によれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2カップよりも多くデカフェコーヒーを代用すれば、驚くことに直腸ガン発症リスクを半分以上は減少させたという。

いんきんたむし(陰金田虫)という病気は20代~30代の比較的若い男性に患者が多く、大体股間の周囲だけに広がり、激しく体を動かしたり、風呂に入った後など体がポカポカ温まると強い痒みに苦しみます。

あわせて読むとおすすめ⇒らでぃっしゅぼーやへ宗教を極めたらいい

関連記事